/” />
卓球観戦が15倍面白くなるブログ イメージ画像
当サイトはこちらへ移転しました↓


 naruko-takkyu.net

2015年10月

スポーツの日本代表チームには愛称というものがある。 すべてのスポーツではないけれど、改めて調べてみるとけっこう多くて驚いてしまう。有名なところでは野球の「侍ジャパン」とか、サッカー女子の「なでしこジャパン」。他にもいろいろあるんだけど、バレーボールとバス

 福原愛&伊藤美誠の“あいみまペア”がポーランド・オープンで中国ペアを撃破したそうで、いやぁオリンピックがほんと楽しみになってきましたね。ということで、本日もさっそく気になる卓球ニュースを取り上げていきましょう。☆ティモ・ボルが国際卓球高田馬場店でサイン

「卓球あるある」は世の中にいっぱいあるんで「卓球ないない」を考えてみました。さっそくいってみましょう。☆ ノースターボールにマジックで星を3つ書き足して、高級感を味わう自作のスリースター。愛すべきアホですね。全国を探せば2、3人はいるかもね。 ☆ ラケット

本日は、近い将来日本を背負って立つ選手になるであろう期待のスーパー小学生(5年・兵庫)木原美悠についてちょっこしご紹介。今年の全日本ジュニアに小学4年生で出場した木原は、高校生を次々と撃破して4回戦まで進出。7月に神戸で行われた全日本選手権大会ホープスの
『スーパー小学生木原美悠は「ゲーム練習」がお好き』の画像

本日ご紹介する本は、卓球界のレジェンド・斎藤清さんの「斎藤清の楽しい卓球」。 斎藤清の楽しい卓球 (ジュニア・スポーツ・セレクション) [単行本]斎藤 清小峰書店1991-02私はが卓球を初めて間もない中学1年の時に熱心に読んでいた本である。斎藤清と言えば、全日本選手権

皆さんはラバーを張り替えた時の古いラバー、あるいは使わなくなったラケットをどうしてます?誰かにあげる? 別れを惜しみつつゴミ箱に捨てる?まあそれは人それぞれだと思うけど、そのほとんどは廃棄されているのではないだろうか。私も現役時代は2ヵ月くらいでラバーを

渋谷のスクランブル交差点でヒグマに遭遇する確率と、小中高生の試合会場でペン表ソフトの選手を発見する確率はおそらく同じくらいだ。ペンオモファンの私としては悲しいことこの上ないのであるが、しかし、表ソフトを使用しているシェーク選手というのはけっこういる。いわ
『全中女王が示す「フォア表ソフト」の可能性』の画像

なかなか渋い卓球台を見つけましたよ。それがこちら↓この卓球台は、鋼製のレール(線路)で作られているらしいんだけど、どうやらそのレールが100年以上前の1904年に製造されたものらしいのだ。多くの人を乗せた列車がこのレールの上を走っていたってことだよね。めっちゃロ

本日ご紹介する本は、卓球界の生けるレジェンド福原愛選手について書かれた一冊。『 愛は負けない―福原愛選手ストーリー』/生島淳(著)愛は負けない―福原愛選手ストーリー (スポーツノンフィクション) [単行本]生島 淳学習研究社2007-102007年に出版された本(早稲田

アジア選手権でミウミマペアが準優勝したり、欧州選手権でオフチャロフ(ドイツ)が2度目の栄冠を手にしたりと、今月もいろいろと熱い話題が飛び交う卓球界です。では本日も、気になる卓球ニュースななめ読み、いってみましょう。ラケットが「かまぼこ板」、世界初?の卓球大

今年のインターハイ女子シングルスで優勝した田口瑛美子(正智深谷)選手がインタビューで、心肺機能を高めるためにマスクを着けて練習をすることがあると言っていた。インターハイというのは1試合で通常の試合の3倍くらいの体力を消耗するとも言われるほど過酷な戦いなん

昨年様々なメディアに取り上げられて注目を集めたオムロンの卓球ロボが進化して帰って来たそうだ。-あの“卓球ロボット”がさらに進化して帰ってくる!-~最先端技術が融合され、人と機械の未来を変える~現在千葉の幕張メッセで開催されている(10月7日~10月10日)、アジア
『オムロンの卓球ロボがパワーアップして帰って来たらしいよ』の画像

ご存知の人も多いと思うが、ニッタクから出ている「剛力」というラケットがある。お値段なんと¥33,000+税というなかなかの高級品であるが、卓球王国11月号の情報によると、今年のインターハイと全中のランカーの中に、剛力を使用している選手が複数人いるそうである(前陣攻

今年のインターハイ女子シングルスで準優勝した四天王寺高2年生・橋本帆乃香という選手をご存知だろうか?本日はこの選手のバックハンドサービスがえげつないのでご紹介したいと思う。橋本選手は昨年のインターハイでは1年生でベスト16、今年は一気に決勝戦進出と大きく躍進
『インターハイ2位の「投げ上げバックハンドサービス」がすごい』の画像

今月も隅から隅までこれでもかというくらい読み倒しました。今月号はやはり「インターハイ」の特集が目玉となっております。インターハイ三冠王・渋谷浩さんの「インターハイ総評」や、カラー連続写真で見る「インターハイで活躍した選手たちのプレー」など読みどころ満載の

↑このページのトップヘ