/” />
卓球観戦が15倍面白くなるブログ イメージ画像
当サイトはこちらへ移転しました↓


 naruko-takkyu.net

2016年01月

先日、全日本選手権の最終日に行って来たという記事の中にもちょこっと書いたが、その日会場内の全農ブースで行われていた「お米づくし抽選会」というものに私は参加した。全日本最終日へ行って来た(2016)見事に外れて「クリアファイル」をもらったのであるが、その時
『全日本でゲットした全農のパンフより、石川佳純選手についての記事を紹介』の画像

今回の卓球雑学は「軟式卓球」について。昔は「軟式卓球(日本式卓球)」というものがあり、独自のルールで行われておったのです。軟式卓球(日本式卓球)日本独自の<やわらかくて軽い軟球>を使い、<小さな卓球台と高いネット>で行われた卓球。国内で卓球が普及し始めたころ

卓球大喜利の第2弾です。それではさっそくいってみましょう。こんな世界卓球はイヤだ☆佐渡島代表が参加している多くの「国」と「地域」が参加している世界卓球に、新潟県の佐渡島も地域として参加。さすがに勝てないけどね。☆20年に1度しか開催されない自分がピークの時に

卓レポ2月号の目玉企画は「ティモ・ボル特集」である。【カラー技術特集】ティモ・ボルのストップレシーブ10代の頃からヨーロッパを代表する選手として世界と戦い続け、今なお世界トップクラスの選手であり続けているドイツのスーパースター、ティモ・ボル。そんなボルの
『卓球レポートを読む 2016年2月号』の画像

卓球王国 2016年 03 月号 [雑誌] [雑誌]卓球王国2016-01-21今月号の目玉はコチラ 水谷隼の『勝者のメンタリティー』負ける人は無駄な練習をする水谷隼の卓球本第2弾の『負ける人は無駄な練習をする』が、2月下旬に発売されるわけだが、その中から抜粋して水谷哲学のエッセン

先日行われた全日本卓球選手権大会でニッタクの契約選手である石川佳純選手が優勝し3連覇を達成。他にも混合ダブルス優勝の田添健汰選手(専修大)やジュニア男子優勝の木造勇人選手(愛工大名電高)など、ニッタク契約選手が大活躍した。これを記念してニッタクでは「全日

激アツだった全日本は終了しましたが、卓球界は相変わらず熱々のニュースがてんこ盛りであります。それでは"気になる卓球ニュースななめ読み"いってみましょう。☆水谷隼の卓球本第2弾が発売!売れ行き絶好調の水谷隼の卓球本『卓球王 水谷隼の勝利の法則―試合で勝つための
『剛力スーパーカットが3月発売! ~気になる卓球ニュースななめ読み~』の画像

全日本の最終日に行ってまいりました。ラスト2日間は卓球FMが聴けるわけだが、今回もおなじみの解説陣が楽しいトークを繰り広げていた。解説陣はコチラの方々↓◆ 河野正和前男子ジュニアナショナルチーム監督。上宮高校・中学卓球部総監督◆ 松下雄二男子ホープスナショナ
『全日本最終日へ行って来た(2016)』の画像

昨日(14日)全日本選手権へ行って来た。私は毎年、最終日の2日前(金)と最終日(日)の2日間観に行くんだけど、今回はジュニアの試合がどうしても観たくて木曜日に足を運んじゃいました。今日は急な仕事が入っていけなかったので、昨日の全日本体験記を書こうと思う。大会4
『全日本卓球選手権へ行ってきた(2016年)』の画像

今日初めて知ったんだけど、ソフトテニスって片面だけで打球するんだってね!ラケット競技で片面だけを使うのは卓球の「片面ペン」だけだと思ってたけど、まさかソフトテニスが片面だけだとは驚いた。ルール上は両面使ってもOKで、人によっては両面で打つ人もいるようだが、

ついに全日本選手権が開幕しましたねぇ。全国の卓球ファンにはワクワクが止まらない一週間となることでしょう。水谷、石川、福原、ミウミマ、張本、木原、などなど、注目選手が目白押しの全日本であるが、今回私が選手以外で楽しみにしているのが、今大会から新たに採用され
『卓球台の色が変わる! 全日本は「レジュブルー」の卓球台に注目』の画像

当ブログも一応卓球ブログなんで、今後はベタに「卓球あるある」もやっていこうかと思います。自分の経験であったり、知り合いに訊いたり、ネットで調べたりしながらまとめてみました。「卓球あるある50選」を4回分、つまり200選を目標にやっていこうかと思っとります。それ

ようやく2月号読みました。卓球王国 2016年 02 月号 [雑誌] [雑誌]高橋和幸卓球王国2015-12-212月号の目玉はコチラ↓「吉村真晴 3年の沈黙。突破する異端者」こちらは吉村真晴へのがっつりインタビュー。高校生で全日本チャンピオンとなったがその後低迷した吉村。しかし

本年一発目の「気になる卓球ニュースななめ読み」です。さっそくいってみましょう。☆丹羽孝希がヤマト卓球と電撃契約丹羽孝希選手がタマス(前スポンサー)との契約を終了して、ヤマト卓球とアドバイザリー契約を結ぶことを発表。同時に、ウィッグや健康関連会社のスヴェン

先日、私の知り合いが「冬の練習が辛い」と愚痴をこぼしておりました。確かに冬場の練習や試合ってなかなかキッツイものがあるよね。私も経験がああるけど、特に冬場の朝練の辛さといったらたまらない。指がかじかんで力が入らないんだから(ペン選手は特にね)。しかし、そ

皆さま、明けましておめでとうございます。本年一発目の記事は、卓球漫画のご紹介です。球魂 1 (ヤングサンデーコミックス) [コミック]岩田 やすてる小学館1998-11岩田やすてる先生の『球魂』知ってますか?コミックスの第1巻が1998年発売ということで、けっこう昔の作品な

↑このページのトップヘ