/” />
卓球観戦が15倍面白くなるブログ イメージ画像
当サイトはこちらへ移転しました↓


 naruko-takkyu.net

2016年11月

これまでライブドアブログで運営してきた当ブログですが、この度、移転することになりました。移転先→http://naruko-takkyu.net/今後ともどうぞよろしくお願い致します。 

ブログを始めて1年と10カ月。これまでずっとライブドアブログで運営してきたんだけれど、いろいろと考えるところあって、この度、ブログを引っ越すことに決めた。これからはワードプレスというブログ(サイト)作成ツールを使っての運営になる。つまりあれです。がっつりリニ

日々働きながら練習をしている社会人、強豪校ではないため部活動の練習時間が短い卓球部員など、練習に多くの時間を割くことができない環境にいる人たちは多くいる。そんな人たちはいかに少ない練習時間で上達するかということを考える必要があるわけだけれど、私もひと月に

本日は書こうとしていた記事があってほとんど完成していたんだけれども、ちょっとした出来事があったので急遽別の話を書こうかと思う。私がちょっと前から通い始めた卓球教室(YOYO TAKKYU)にいつものように行った際、そこで他の生徒さんたちに実は私の正体がバレていたことが

「ペンはバックハンドが振れないからシェークよりも不利だ」なんていう失礼な発言を最初にした人はいったいどこの誰であろうか。あまりに多くの人が言っていることなので、犯人捜しをするのは極めて難しい(たぶん森喜朗元総理あたりじゃないかと思うんだけれど)。まあ、そ
『短いボールはプッシュすべし。シェークに負けないペン流の台上』の画像

長いブランクを経て卓球を再開した場合、最もその感覚の鈍りを実感するのはサービスである。現役時代あれほど変幻自在で切れ味鋭かった私のサービスは見る影もなくなってしまい、ショックで夜しか眠れなくなってしまっていたが、ちょこちょこ練習しているうちにほぼ昔の精度
『ロングサービスの重要性 。もっと積極的に使うべし』の画像

以前から気になっていた本をやっと読んだ。『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』という本で、ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞し、嵐の二宮くん主演でドラマ化もされた本である。「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫) [文庫]高橋 秀

↑このページのトップヘ