ここ数ヵ月、散々悩んでいた用具選び(ラケット&ラバー)が落ち着き、先日注文しました。

そしてあっちゅう間に届きました。


DSC_0427

DSC_0428



まずラケットは、『KA-スピード中国式』

今年リリースされた国際卓球オリジナルラケットです。

お値段は12,960円 (税込)となかなかのものだけど、私が求める条件にピッタリだったので、ほぼひとめぼれ状態でこれに決めました。


そしてラバーは『 スペクトルレッド(特厚)』

やはりスペクトル大好きっ子の私としては、第一弾はこれしかありません。

バッシバシミートで打ちまくるスタイルに適していることを期待する。


そして裏面に貼ったラバーは『 タキファイア・C(中)』

とにかく回転力重視だったので、最終的に「キョウヒョウ」にしようとほぼほぼ決めていたんだけど、やはり重いということが気になった。
キョウヒョウはいずれ試してみるのはありだと思うけど、一発目のラバーとしては違うんじゃないかと思ったので、再考。

コメントやツイッターでもらったアドバイスも参考にして、「あまり重くない粘着性ラバー」にしようと決めた。

最終的に、「 タキファイア・C」と、コメント&ツイッターで教えてもらった「T-REX」と「トリプル・スピン」の3つに絞った。

今回は タキファイア・Cにしたけれど、他の2つも今後機会があれば試したい。


で、ちょっと振ってみたところ、ラケットがめちゃめちゃ軽いので、両面にラバーを貼っていても総重量が軽くてとても振りやすい。
ブレードがやや小さくてグリップも細いので、想像していた通り、かなり扱いやすそうです。 

まだ打ってもいないのに、現時点で非常に満足。


それにしても、ラケットを手に取った瞬間、めちゃめちゃ興奮しちゃいましたね。
卓球を始めた頃に味わった嬉しさが蘇りましたよ。

このワクワク感は他のスポーツでは味わえない卓球ならではのものなんでしょうね。 

実際に打つのが楽しみです。

――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――


さて、本題です (こっからかい!)。


ここまで用具が揃った嬉しさを綴ってまいりましたが、本記事のサブタイトルにもあるように、ここである大きな問題が浮上しました。

それは……


練習相手がいない!!


ということ。

ここにきて何ともせつない問題が持ち上がってしまったのですよ。


一応用具探しをしながらその問題をどうするかも考えていたんだけど、まだ答えが見えていない…。

私のように地方から出てきた人はどうやって練習相手を見つけているんだろうか…。


私は7、8年くらい前に、ミクシィの卓球コミュニティに参加したことがあるんだけれど(貸しラケットでプレー)、いまいちしっくりこず、一度きりで終わってしまった。

とりあえず、私の自宅から通いやすい場所で練習しているどこかの卓球コミュニティにでも参加してみようかと考えている。

グループに溶け込むのが苦手なタイプなんだけど…まあ、やるっきゃないよね。


それともうひとつは、ブログかツイッターで「誰か相手してくれませんか?」と呼びかけるという方法もかなり本気で考えている。

初対面の人と打つということになるけど、ブログ読者と打つというのもなかなか面白そうだ。

東京都内でやれる人限定になるので限られるけど、「しゃあないね、やってやるよ」という人がいたら嬉しいです(すでにさりげなく呼びかけている)。

ということで、まあ、何とか頑張ります^^