ここ最近、レシーブの待ち方についてずっと考えている。
練習時にも意識して取り組んでいるんだけれど、それは何かと言うと、レシーブの構えに入った時に「どのような意識で待つか」ということ。


私は現役時代も卓球を再開した現在も、レシーブの時は「飛んで来たサービスに合わせて対応する」というのを基本としている。
当たり前ように聞こえるが、要するに、特にどこにも山を張ることなく、短いサービスが来たら前に出てストップorツッツキorフリックをし、長いサービスが来たらサッとバックスイングを取ってミート打ちやドライブを打つ。

そしてこのスタンスを基本にして、「フォア寄りに構えた時はほぼロングサービスが来る」とか「バックハンドサービスはフォア前に来る」など、相手の特徴がわかってくれば、それを待ち伏せて対応する、ということ。


これが私のレシーブ方法なんだけれど、基本スタンスである「飛んで来たサービスに合わせて対応する」という待ち方が、これでいいのだろうか? という疑問がここ最近になって沸き上がってきたのである。

この待ち方は言い換えれば「フラットな意識で待つ」的なことであるが、結局それだと、どの技術で対応するにしても、どうにも中途半端になってしまうような気がする。
つまり、ストップするにしろフリックやドライブをするにしろ、対応が微妙に遅れてしまい、精度を欠いているような気がするってこと。

そこで考えたのは、

1.ショートサービスに照準を合わせる

2.ロングサービスに照準を合わせる


このどちらかを基本的なレシーブのスタンスにするということ。


1の場合は、ラケットもやや高めに構え、ストップやフリックをする意識で待つ。
メリット:ショートサービスが来た時、素早く前に出て台上の処理ができる。
デメリット:ロングサービスへの対応がやや遅れる(下がりながら打つ感じになるので打ちにくい)。

2の場合は、少しでも台から出たボールを確実に攻撃するために、「打つ」という意識で待つ。
メリット:すぐに打つ体勢に入れるので、少しでも長くなったサービスを攻撃しやすい
デメリット:ショートサービスへの対応がやや遅れる。

※メリットデメリットはあくまでも私の場合です


どちらを選択するにしろ、こうしたやり方の方が「フラットな意識で待つ」よりもレシーブの精度は上がるのではないかと考えたわけである。

そんなわけで、練習の際にこの2つのやり方を試しているのであるが、私はどちらかと言うと、「ロングサービスに照準を合わせて待つ」の方がしっくりとくる。

この場合、ショートサービスが来た時に、「とっさに前に出る」といった具合になるので、勢いがついてしまいストップが難しくなってしまうという難点があるが、ここを練習して克服しさえすれば、なかなかええ塩梅な「レシーブの待ち方」になるような気がしている。



韋関晴光さんは、卓球王国の連載の中で、現役時代のレシーブの待ち方について、「まずは打球点の早いストップができる位置にラケットを持っていく」ことを常に徹底していたと言っている。

その動きを基本として、ストップやツッツキがしたければその位置で打つ。
そして、ストップやツッツキをしない場合は、バウンド後に伸びて来るボールと一緒にラケットを引き、短ければフリックをし、長ければそのまま引いた反動を利用して打つ。

てなやり方をしていたそうである。


この記事を読み、改めてレシーブの待ち方に注目して韋関さんの動画を観てみると、確かにレシーブの最初は打球点の早いストップができる位置にラケットを持っていく」という動作をしているのがわかる。

韋関さんはレシーブを構える位置も台にめちゃくちゃ近いので、これもこの動作をやりやすくしているポイントなのではないかと思う。

台にくっついた体勢からの素早い台上の処理、そしてロングサービスが来ても、サッとラケットを引いてドライブをかける。

韋関さんは実に簡単にやっているように見えるが、これは恐ろしく難易度が高い。


私の場合、これだとロングサービスが来た時に対応が遅れてしまうのである。

しかし私のプレーは前陣に張り付いて戦うスタイルなので、レシーブから韋関さんのようなやり方をした方がいいのかもしれないとも思う。

まだまだ探り始めたばかりなので、これからもいろいろなレシーブの待ち方を試しながら、自分に合ったものを見つけていきたいと思う。



トップ選手に限らず、他の人はどのような意識で相手のサービスを待っているのだろうか、すごく気になる今日この頃。

一度いろんな人のレシーブ哲学を聞いてみたいものである。