先日、卓球教室にて、ゲーム練習をした。

約20年ぶりのゲーム練習である。
同じくらいのレベルの人と3ゲームマッチを1回だけやったんだけれど、サービスが効いたおかげで2-1でなんとか勝利できた。

勝てたのはよかったんだけれど、この対戦の中で、私は1回も裏面打法を使わなかった。


前回の記事で、裏面でのチキータの精度が極めて低いということを書いたんだけれど、ゲームとなると自信のなさゆえにびびってまったく使えなかった。

練習なんだからミスしてもいいから思いきって使わなければいけないのであるが、「勝ちたい」という欲、「弱い奴と思われたくない」という見栄にしがみついてしまったわけで、まだまだ心の修行が足らぬと反省しきり。


そんな体たらくな私の裏面打法であるが、練習においては、ある打ち方をしたら、チキータの精度が上がったのである。

それは「体勢を低くする」ということ。

ツッツキを回り込んでミート打ちをする場合は、自然と体勢を低くして打てているんだけれど、チキータの際にはそうなっておらず、意識してグッと体勢を低くして打ってみると、劇的に返球率が上がったのである。

私はそれまで「目線をボールに近づけて打つ」というチキータの基本的なポイントを意識はしていたが、しかし私がやっていたのは「背を丸める(前傾姿勢)」という動作、つまり「上半身」を使って目線を合わせにいっていたわけである。

ところがこれだと、いい具合にボールと目線のピントが合わないのだ。

で、私がやったのは「腰を落とす」という動作である。

つまり下半身を使って目線を合わせにいくということ。
これだとばっちりボールに目線が合って、安定した打ち方ができる。


「前傾姿勢を保て」というアドバイスはもちろん間違ってはいないが、前傾姿勢と言われると、ついつい上半身に意識がいってしまう。


少なくとも私の場合、チキータをやる時は「下半身で捉える」という意識で打つことが良いのではないかと思っている。

現役時代も含め、バック系の技術においてこうした意識で打つことがなかったのでまだ違和感はあるが、もっと練習をやり込めばチキータの精度も上がるのではなかろうかと期待している。

チキータだけでなく、ツッツキをバックドライブする際にも応用できると思うので、今後はそのへんも試してみたいと思っている。


【関連記事】