「ペンはバックハンドが振れないからシェークよりも不利だ」なんていう失礼な発言を最初にした人はいったいどこの誰であろうか。

あまりに多くの人が言っていることなので、犯人捜しをするのは極めて難しい(たぶん森喜朗元総理あたりじゃないかと思うんだけれど)。

まあ、それはいいとして。

私が最近考えているのは「台上のボールをいかにバック系の技術で攻撃的に返球できるか」ということである。

片面ペンの選手や、私のように裏面を貼っているが使いこなせていない、なんちゃって裏面選手の場合、バック側へのストップやショートサービスに対してのバック系の技術というと「ツッツキやストップだけ」になってしまう傾向がある。

チキータやバックフリックなんていう技術はできないわけで、つまり相手としてみれば「台上ボールの返球パターンが乏しいやりやすい選手」ということになる。

やはりこうしたところが「ペンは不利だ」なんて言われてしまう要因であるということか。

そう言えばお釈迦さまが生まれてすぐに「台上変化ペンはマジ損」と言ったとされているが、あれはつまり、「片面ペンはバックハンドが振れない分、台上の変化のバリエーションが乏しいからシェークより不利だ」と言いたかったのであろう。

太古の昔からペンの不利が指摘されていたなんて、全国のペン選手には何とも悲しい事実ではないか。


※訂正 お釈迦さまが言ったのは「天上天下唯我独尊」でした。


話が脱線したので元に戻すと、

私は決してペンは不利ではないと強く信じている生粋のペンホルダーっ子であるので、一般的なペン選手があまりやらないようなバック系技術の探求に余念がないのである。

そんな技術の筆頭として私が考えているのが「台上のボールをプッシュする」という技術である。

バックサイドへのストップやショートサービスに対してプッシュして返球する、ということであるが、これができればペン選手としての戦術の幅がグッと広がる。


ポイントとしては、前進回転をプッシュする時と違って、腰を入れて打つとか、ラケットを引いて(テイクバックを取って)打ってはいけないってこと。

ラケットを引かず(テイクバックを取らず)に「下から上方向へちょっと擦りながら前に押す」と入りやすいと思う。

あるいは、「ラケットを横方向に動かしながら(サイドスピンをかける感じで)プッシュする」という打ち方もありだ。

基本的にはこの2種類の打ち方でいけるんではないかと思う。

軽めに打球して確実に返球してもいいし、強めに打球してより攻撃的にいくのも良しだ。


で、最近この技術についていろいろと考えていたところ、良い動画を発見。

先日行われた吉田海偉選手と徐輝選手の試合なんだけれど、吉田選手の台上のプッシュ技術に注目してもらいたい(動画の前半に3回ほど)。




実に見事ですね。

この技は一発で決めるという目的で使うものではなく、あくまでも「繋ぎの技術」であって、ここからラリー戦に持ち込んで仕留めるまでが1セット。

これをものにしたらペン選手として1段も2段も上のレベルで戦えること間違いなしである。


ちなみに私は現役時代、台上だけでなく、バックに深く来たツッツキに対してもプッシュで返すという荒技を練習していたが、さすがにこれは試合で使うまでにはならなかった。

だけどこの技術をものにできたら、ペンの新しい可能性が広がるのではないかという気がしないでもない。

今後の課題として、こちらもちょこちょこ練習していきたいと思う。