日々働きながら練習をしている社会人、強豪校ではないため部活動の練習時間が短い卓球部員など、練習に多くの時間を割くことができない環境にいる人たちは多くいる。

そんな人たちはいかに少ない練習時間で上達するかということを考える必要があるわけだけれど、私もひと月に数回しか練習できないので、1回1回の練習を効率良くやらなければいけないなあと考えている。

私の場合、ブログを書いているということもあり、普段からあれこれ技術的なことも考えているので、練習当日は卓球場へ行くまでの間に「今日はこの技術を試してみよう」とか「フォームを変えて打ってみよう」などと事前にある程度は考えをまとめていることが多い。

そのようにあらかじめ考えた上で(軽くイメージトレーニングしておくとなお良し)練習に取り組むのは、「やるぞ」という意識も強くなるので、漠然と練習に入るよりは遥かに身になる練習ができると思う。

これからも最低限、それくらいはやらなければいけないと思っているが、効率良く練習するためには、練習中にも何かしら工夫が必要なはずであると思う。


成功率を意識する

で、今回は何が言いたいのかというと「成功率を意識する」ってことが、練習の効率をあげる上での大事なポイントになってくるのではないか、ということである。

成功率というのはつまり「相手のコートに入る率」ということ。
どれほどカッコよく豪快に打ったところで、相手コートに入らなければ意味がないと思う。

「ミスしてもいいからバンバン打っていこう」という意識を持つのは、それはそれでけっこうなことだと思うが、その場合は往々にして「ミスを気にしない・ミスしてもかまわない」という打ち方になってしまうのではなかろうか。


新しい技術や新しい打ち方に取り組む際は、最初のうちはどうしてもミスが多くなってしまうものであるが、「打った結果ミスをする」のは仕方がないが、「ミスを気にせず打つ・ミスしてもかまわないから打つ」という意識はアカンと思う。

新しい技術に取り組む時であっても「絶対にミスをしない」という意識で打つことが大事であるということだ。


そのためには、全力で打つのではなく、60%~70%くらいの力で打つことが肝要であると思う。
相手コートにきっちり返してこそ、その1球が身になるわけで、練習だからといって何でもかんでも強く打っていては効果的な練習にはならない。

練習の時って「あきらかに入りそうにない」とわかっているボールでも強打しちゃうんだよねぇ……。


でもそれじゃイカンのですよ。

練習での成功率が低いと試合の時に自信を持ってその技術を使えなくなるしね。
「安定して入る」ということが自信にも繋がって、実戦で使える技術になるわけで、それがイコール「効率の良い練習」ということになるのだと思う。

つまり練習は「入れてナンボ」という意識でやるということ。

「入らなかったら死ぬ」くらいのサムライスピリットを持って練習すべきであるということだ。
 

私もこの精神を持って練習にのぞむために、次からは辞世の句をしたためてから練習場に向かおうかと思う。