/” />
卓球観戦が15倍面白くなるブログ イメージ画像
当サイトはこちらへ移転しました↓


 naruko-takkyu.net

書評(スポーツ本)

以前から気になっていた本をやっと読んだ。『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』という本で、ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞し、嵐の二宮くん主演でドラマ化もされた本である。「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫) [文庫]高橋 秀

先日、福原愛選手の専属のフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一さんの記事をたまたま読んだ。福原愛、リオで見せた鋭い表情 共に歩んだフィジカルトレーナーが語る 中野さんのことは存じ上げなかったのであるが、何だか興味が湧いたので中野さんの著書をチェックして

以前から気になっていた『スポーツオノマトペ なぜ一流選手(トップアスリート)は「声」を出すのか』という本を読んだ。なぜ気になっていたのかというと、本書の中で、福原愛選手が取り上げられていたからである。スポーツオノマトペ―なぜ一流選手(トップアスリート)は「声

落合博満の『戦士の休息』という本を読んだ。戦士の休息 [単行本]落合 博満岩波書店2013-08-29落合さんと言えば元プロ野球選手で、三冠王に三度輝いた超スーパースターであり、引退後は中日ドラゴンズの監督として華々しい実績を誇り「名将」と呼ばれ、さらには、声優デビュ

全日本選手権で7度目の優勝を飾り、斉藤清と小山ちれの持つ8度優勝の記録まであと一つと迫った水谷隼。そして水谷が優勝した日から5日後、両国国技館で行われた大相撲初場所(13日目)で、横綱・白鵬が史上最多33度目の優勝という前人未到の大記録を打ち立てた。水谷は

↑このページのトップヘ